So-net無料ブログ作成

3GSでNike+iPodを試す [Mac]

iPhone 3GSに備わった数々の新機能。

普通なら動画撮影やオートフォーカスでの写真、ボイスコントロールなどをまず試してみるんでしょうけど、僕がまず試したのはNike+iPodの機能です。

IMG_0005.PNG

今まではiPod nanoでNike+iPod機能を使ってジョグしてきましたが、3GSではどうなるか早速試してきました。

 

iPod nanoはとっても軽いので、ポケットに入れたままでも特に支障なく走ることができていました。

ただ3GSはnanoに比べると、デカい、重いで、とてもじゃないけどポケットに入れて走るのは厳しいです。

現実的な選択はアームバンドの中に3GSを入れて走ること。

その辺のスポーツ用品店3GSが入りそうなアームバンドを物色しましたが、残念ながら全く対応品はありませんでした。

nanoが入りそうなものはいくらでもあったんですけどね~

唯一adidasのアームバンドが3GSが入る大きさを持っていましたが、アームバンドには「adidas+au」の文字が^_^;

さすがにコレを購入することはできず、今使っているウェストベルトをとりあえず流用することにしました。

 

 

DSCN0591.JPG

このようにして3GSを入れて

 

 

DSCN0592.JPG

 

ファスナーを締めるともう脱落の心配はありません。

 

IMG_0006.PNG

今までnanoで行ったいたメニューがスクリーンに出ていることにまだまだ違和感を感じます。

 

IMG_0007.PNG

センサーを探すときもカラー表示です。

 

IMG_0008.PNG

 

軽く3キロ走ってみたらこんな結果でした。

普段よりペースが遅いのは操作に不慣れでその間脚の動きが疎かになったからです(言い訳)。

Power Songも3GSのほうで設定できますが、ジョグ中にどうやって再生させるのか分からないので誰か教えて下さい^_^;

 

 

とまあ こんな具合で3GSでもNike+iPod機能を使ってジョグすることができましたが、個人的感想としてはやはりアームバンドが必須のような気がします。

今回やったようにウェストベルトに完全に入れてしまうと、走行の途中で再生曲を換えたりするときに3GSにアクセスすることが出来ず、非常にストレスが溜まります。 3GSのスクリーンを確認できて、タッチすることでスムーズにアクセスできるような透明フィルムに覆われたアームバンドのリリースが期待されます。

 

あとはiPhone OS 3.0で対応したステレオBluetooth対応のイヤホンの導入ですかね~

今でも対応品はチラホラとありますが、ピンとくるものがいまいちありません。

そのうちアップル純正とかでリリースされるのを期待しちゃいますが、3GSをアームバンドに装着して、無線のイヤホンで身軽にNike+iPod機能でジョギングを楽しむ、、、それが一番の理想です。


 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

follow us in feedly

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。