So-net無料ブログ作成

音楽スタイルを再定義! Bluetoothスピーカー「JAWBONE JAMBOX」を試す [Mac]

2/19日(土) AUGM大分2011が開催されたので行ってきました。
AUGMではベンダーさんの商品がその日限りのお得価格で購入出来る機会もあり、それも会の魅力のひとつとなっています。
自分もいくつか気になっていた商品を購入したんですが、まずはそのうちのひとつ、「世界初のインテリジェントBluetoothスピーカー/スピーカーフォン」JAWBONE JAMBOX を早速試してみましたので紹介したいと思います。

DSC_0001.jpg
色は Black Diamond 、Grey Hex 、Blue Wave、Red Dotの四種類。
これらは単なる色違いというわけではなくそれぞれスピーカーグリルの形状が違うので、それぞれが全く違う印象の商品となります。
自分は購入前はRed Dot にしようかな、と思っていましたが、実物を見て土壇場でBlue Waveに変更しました。

このスピーカーは商品自体にも感動しましたが、商品外箱のパッケージに全ての説明が記されていることにも感心させれれました。
JAMBOXは、米国のALIPH, INC. が製造、販売していたものを日本のトリニティーさんが諸問題をクリアーの上、日本国内での正規輸入・販売を始めた商品です。
輸入商品では、元々の本国でのパッケージに日本語が少し書かれたシールなどが貼っているだけ、という商品が多いというのが現状だと思いますが、この商品は初めて手に取った方でもどういう利点を持った商品なのか?というのが分かるように細かく日本語化されています。
こういうパッケージを見ると、本当に安心出来ると思います。
ですのでこのスピーカーの説明は、パッケージに記されている文章を用いていこうと思います。

DSC_0002.jpg
「携帯電話を再定義する」、とは、iPhoneを最初に発表したときのSteve Jobsの有名な台詞ですが、このスピーカーは音楽スタイルを再定義するとのこと。 思わずニヤリとしてしまいます。

DSC_0003.jpg
アップグレードで進化し続けるとは、元々の製造元のALIPH社のMyTalkオンラインプラットフォーム上でクリックするだけでファームウェアをアップデートしたり、音声アナウンスやダイヤル機能をパーソナライズすることが可能になるということです。
専用サイトと同期させることによってiPhoneやiPadのように常に最新の状態にアップデートされていくということですね(^^)

DSC_0006.jpg
外箱裏側のこの図を見れば、このスピーカーの長所が一目瞭然で分かります。
このスピーカーの最大の長所はMac本体やiPhone やiPadなどのiOS搭載機等とBluetooth接続にてワイヤレスで繋がることです。
(有線接続も可)

今までのポータブルスピーカーはどうしてもイヤフォン端子やDock端子、またはUSB端子からの有線接続で配線の煩わしさ、端子類が塞がってしまうことの不自由さがありましたが、このスピーカーでようやくこれらの呪縛から解き放たれるのです。
...ということが、しっかりとパッケージにも記されています(^^;
DSC_0004.jpg



また、このスピーカーはリチウムイオンバッテリーによって約10時間の連続再生が可能となっていますが、

DSC_0005.jpg
とあるように、バッテリーの状態(あとどのくらい残っているか)をスピーカーが喋って教えてくれます。

DSC_0016.jpg
このスピーカー上部にある1番左の丸ボタンをプッシュすると、バッテリー残量を喋ってくれます(^^)
またiPhoneでのワイヤレス音楽再生時には画面上部に
IMG_0485.jpg
このように(赤丸箇所参照)スピーカーのバッテリー残量の目安が表示されます。



DSC_0013.jpg
パッケージを開けて同包物を取り出すとこういう感じ。
これらの中身の内容も全て
DSC_0008.jpg
このように外箱に丁寧に記されています。 本当に分かり易いんです。


いよいよ音出しです。
スイッチは側面部にあります。
DSC_0014.jpg
このスイッチを入れると

DSC_0015.jpg
起動音と起動アナウンスとともにスイッチが光り、本体がブルッと震えます。
こういう演出は、車のエンジン始動時のメーターパネルのアクション等を想起させられる、上手いギミックだと思います。

DSC_0017.jpg
やっと本体の登場 
取り出した時、最初に思ったのは
「小さっ!」
「軽っ!」
ということ

DSC_0026.jpg
大きさの比較のためにiPhoneと並べてみました。
これでこのスピーカーの小ささが分かると思います。

この小ささ、軽さなら出張の多い自分が本当に携行出来るレベルだと感じました。
幸いにも専用キャリングケースが同包されているので、
DSC_0022.jpg

このように

DSC_0024.jpg

ジャストフィット!
小さくて軽いので、このケースに入れておけば気軽にスーツケースやカバンに放り込んで持ち運びが出来ます。

肝心の音なんですが、
この小ささでこんなに大音量がでるの? というぐらい大きな音が出ます
(大丈夫です!信じてください!)

DSC_0007.jpg
商品パッケージにはこのJAMBOXは85dBの出力がある、とされています。
そう、バイク音より大きな音が出るのです。
実際に最大音量までボリュームをアップすると、正直音は割れます
(というかこの大きさのスピーカーならどれも音割れします)
ただ、音がHi-Fiオーディオ的にもまあまあ良いですし能率も悪くは無いみたいなので、そんなにボリュームを上げなくても充分に大きくて聴きやすい音を出力してくれます。
その音は、特にボリュームを上げなくても設置面が音圧で振動するほど!
この大きさでこの音圧は反則だろう、というほどで、
小ささ、軽さ、そしてあらゆるデバイスにワイヤレスで繋がるという圧倒的利便性、そして価格を考慮したときに、相当にオススメなスピーカーだと言えると思います。

購入を迷われている方は、
全国のアップルストアやApple Premium Reseller kitcutAssistOn原宿、Idea Digital Studio (東京ミッドタウン)などの実店舗でも展示販売がされているとのことなので、実物と実際の音を体感してから検討してみられるのもイイかもしれませんね。
たぶんビックリしますよ(^^)


  
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 1

大道

私もAUGM広島で黒をゲットしました
生活が変わるほどのスピーカですね
あ、広島では初顔合わせでしたね
またお会いしましょうね〜
by 大道 (2011-02-28 20:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

follow us in feedly

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。