So-net無料ブログ作成

FUJI X-E2を購入しました [カメラ]

サスケです。


2013年度も暮れようとしていたその時、

FUJI X-E2を購入しました。

X-E1からの移行になります。


X-E1から約1年後の2013年11月9日の発売開始。

「マイナーアップデート版」とも一部で揶揄されていた新機種。

(そうではなかったことは使用し始めてすぐにわかった)



当初、全く購入予定はありませんでした。

某大手量販店にXマウント用のレンズで、専門誌、ネット等で非常に評価の高いXF23mmF1.4Rがどんなものか見に行っただけだったのです。

(例によって フォトヨドバシのページは大変物欲を刺激する、危険なモノでしたが(^^;)

 

で、結局購入してしまったのがコレ

去年もほぼ似たような流れだったような気もしますが、今年も


cashback.png

キャッシュバックキャンペーンに乗せられてしまいました(^^;



本体購入と同時に背面液晶保護フィルムも購入。

早速貼付けしました。

また 購入した量販店が販促キャンペーン中ということで、純正予備バッテリーをタダでつけてくれました。

地味ですが、非常にありがたかったです。


X-E1と


X-E2は


外形は全く同じ。

X-E1はシルバーモデルを購入したので、X-E2はブラックモデルを購入しました。


X100から始まったFUJIのXシリーズの軍艦部の操作系統は一貫して統一されています。

それはこの

絞りとシャッタースピードをファインダー(もしくは背面液晶)を覗きながら右手でダイヤルを弄って調整出来るというところ。


2013年末に最も話題をさらったカメラと言えばSONYのα7/α7Rと、NikonのDfだと思いますが、そのうちDfのほうの操作系統がFUJI Xシリーズ(というか昔のカメラ)と似通っていて、Dfの開発陣もその辺りを認めていたりします。

関連リンク:インタビュー  ニコンDf誕生に迫る


その操作系統ですが、

X-E1が露出調整が-2~+2の調整幅だったのに対して


X-E2は-3~+3へと調整幅が拡がっています。


外形が変わっていないので


X-E1で使っていた革ケースがそのまま使えます。

背面液晶保護フィルムとあわせて、購入当初から保護はバッチリです。


X-E2の購入動機および使用レビューはまた改めて、です。




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

follow us in feedly

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。