So-net無料ブログ作成

X-E2 使用雑感 [カメラ]

サスケです。


FUJI X-E2を購入、使用し始めて3週間あまり経ちました。


もともと1年間 X-E1を使用してきた自分としては、

「(マイナーチェンジ版の)X-E2を10万円近く払って購入する意味はあるのか?」と相当に迷ったうえでのX-E2購入でした。


そしてX-E2を使い始めてすぐに、「買い替えてよかった!」と悟ることになります。

それは「AF速い!」という一言に尽きます。


X-E1はミラーレスカメラとしてはウットリするほど美しい画を吐き出すカメラですが、とにかく動作がモッサリ。

AFは遅く、迷うことも度々。

「(X-E1は)AF速度を求めてはいけないカメラだ」と自分自身に言い聞かせて使用してきましたが、動作の遅さにストレスが溜まることもありました。


それに対してX-E2はAFが速く、

「デュアルCPUと演算性能の向上により、従来比約2倍以上の高速処理を実現。これにより、起動時間約0.5秒を達成。また、高速で信号を読み出すX-Trans CMOS IIセンサーとの効果で、撮影間隔約0.5秒、シャッタータイムラグ0.05秒、連写スピード最大約7.0コマ/秒(連続約28コマ)、AF追従連写最大3.0コマ/秒を可能にするなど、高速性能を高めています」(商品カタログより抜粋)

とありますが、カタログスペックはともかくとして、

実使用感がストレスレス! フォーカスがバシバシあう!


というのが、買い替えの最大の喜びです。

最初からこのくらいやれたはずなのに出し惜しみしたんじゃないのか? FUJIの開発陣がX-E1から1年で改良版のX-E2を出してきた理由はココにあると思います。

X-E1のAFスピード、動作のモッサリさ さえ解消されれば、画質は申し分無しですから。

そのネガを潰してきたカメラがX-E2というわけです。



(従来のXシリーズにあった「フィルムシミュレーション」はX-E2でも健在

写真はVelviaで撮影。VelviaでJPEG撮って出しの画像をRAWでどう調整しても再現出来ないのは何故だろう…)

 

 

(今回X-E2に備わった新機能「アドバンスフィルター」のフィルターのひとつ「ダイナミックトーン」フィルター使用にて撮影。 こういったカメラ内現像機能も時には楽しい。)

 

そしてX-E2を少しでも快適に使うための新たなグッズを購入。

IMG_1439 (1).jpg

X-E2ネタはまだまだ続きます...

 



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

follow us in feedly

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。