So-net無料ブログ作成

背面ポケットのRAKUNI の本革iPhoneケースを試す [ケース]


サスケです。

サスケです。

iPhoneのケースとして、現在 手帳型ケースというものが主流であり 売れ線にもなっています。私も何度か手帳型ケースを購入してみて 使用してみましたが、いずれも1~2ヶ月で使用しなくなり、別のケースに変えてしまっていました。ではなぜ自分は手帳型ケースを継続使用出来なかったのか?ということを改めて考えると、そこに手帳型iPhoneケースの抱える欠点が浮かび上がってきます。

手帳型ケースの欠点 その1
画面を見たり 操作したりする前に必ずフリップを開かないといけない

手帳型ケースの欠点 その2
写真を撮るとき、フリップを開かないと写真が撮れない。

手帳型ケースの欠点 その3
iPhone操作時にフリップを背面側に折り畳むと ずっと押さえておかないといけないし、押さえていないとフリップが所在なく ぶらぶらしてしまう。

もちろん 手帳型ケースには「iPhoneの液晶面を保護する」という大きな長所があるのですが なにぶん手帳型ケースは操作するのにワンクッションがあり、メンドくさいということにつきると思います。
そんな手帳型ケースに強い需要があるのは、カードを複数枚 携行したいというニーズが強いからにほかなりません。

複数枚のカードやちょっとしたものが収納可能なハードケースはないのか?

今回 採り上げるiPhoneケースは、モバイルバッテリ―などで有名なcheeroが新しく立ち上げた別ブランド RAKUNIから発売される 本革製のiPhoneケースです。
革製ケースではありますが
image
手帳型ケースのような前面フリップはありません。
Apple純正のレザーケースのように樹脂性のハードケースに革が巻かれています。
当然 フリップをめくるという作業がないため、いつでもiPhoneの画面にアクセス出来ますし、そのまま写真撮影も行えます。

ではカードを収納するスペースはどこにいってしまったのか?と考えると

image
ケース背面側にそのスペースは準備されていました。


image
背面ポケットのボタンを外すと

image
カードを2枚収納出来るスペースと、


image
そのスペースより大きくて カード以外のものも収納可能なポケットがあります。

image
こんなカンジでカード2枚にくわえて お札や領収書なんかも同時に収納可能になっています

背面ポケットという逆転の発想

ハードケースの背面にカードその他を収納出来るスペースがあるiPhoneケースは 今までありそうで 実はなかなか無かったような気がします。
iPhoneの操作に手間取らないハードケースの手軽さとカード複数枚+αを携行できる手帳型ケースの収納力とトルコ製の本革で作られているというケースとしてのちょっとした高級感、所有感(革の質感がなかなかに高く エージングも楽しめそう)などのメリットが感じられるiPhoneケースをお探しの方には 選択肢のひとつにあげられるケースだと思います

あと、外出時に出来るだけ手荷物を少なくしておきたい方にもピッタリで そのあたりはメーカーのHPに詳しく開発コンセプトが書かれているので、そちらを参照してみられてください。





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

follow us in feedly

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。