So-net無料ブログ作成
検索選択

背面ポケットのRAKUNI の本革iPhoneケースを試す [ケース]


サスケです。

サスケです。

iPhoneのケースとして、現在 手帳型ケースというものが主流であり 売れ線にもなっています。私も何度か手帳型ケースを購入してみて 使用してみましたが、いずれも1~2ヶ月で使用しなくなり、別のケースに変えてしまっていました。ではなぜ自分は手帳型ケースを継続使用出来なかったのか?ということを改めて考えると、そこに手帳型iPhoneケースの抱える欠点が浮かび上がってきます。

手帳型ケースの欠点 その1
画面を見たり 操作したりする前に必ずフリップを開かないといけない

手帳型ケースの欠点 その2
写真を撮るとき、フリップを開かないと写真が撮れない。

手帳型ケースの欠点 その3
iPhone操作時にフリップを背面側に折り畳むと ずっと押さえておかないといけないし、押さえていないとフリップが所在なく ぶらぶらしてしまう。

もちろん 手帳型ケースには「iPhoneの液晶面を保護する」という大きな長所があるのですが なにぶん手帳型ケースは操作するのにワンクッションがあり、メンドくさいということにつきると思います。
そんな手帳型ケースに強い需要があるのは、カードを複数枚 携行したいというニーズが強いからにほかなりません。

複数枚のカードやちょっとしたものが収納可能なハードケースはないのか?

今回 採り上げるiPhoneケースは、モバイルバッテリ―などで有名なcheeroが新しく立ち上げた別ブランド RAKUNIから発売される 本革製のiPhoneケースです。
革製ケースではありますが
image
手帳型ケースのような前面フリップはありません。
Apple純正のレザーケースのように樹脂性のハードケースに革が巻かれています。
当然 フリップをめくるという作業がないため、いつでもiPhoneの画面にアクセス出来ますし、そのまま写真撮影も行えます。

ではカードを収納するスペースはどこにいってしまったのか?と考えると

image
ケース背面側にそのスペースは準備されていました。


image
背面ポケットのボタンを外すと

image
カードを2枚収納出来るスペースと、


image
そのスペースより大きくて カード以外のものも収納可能なポケットがあります。

image
こんなカンジでカード2枚にくわえて お札や領収書なんかも同時に収納可能になっています

背面ポケットという逆転の発想

ハードケースの背面にカードその他を収納出来るスペースがあるiPhoneケースは 今までありそうで 実はなかなか無かったような気がします。
iPhoneの操作に手間取らないハードケースの手軽さとカード複数枚+αを携行できる手帳型ケースの収納力とトルコ製の本革で作られているというケースとしてのちょっとした高級感、所有感(革の質感がなかなかに高く エージングも楽しめそう)などのメリットが感じられるiPhoneケースをお探しの方には 選択肢のひとつにあげられるケースだと思います

あと、外出時に出来るだけ手荷物を少なくしておきたい方にもピッタリで そのあたりはメーカーのHPに詳しく開発コンセプトが書かれているので、そちらを参照してみられてください。





小倉の新しいホステル「tanga table」に泊まってみた [旅]


サスケです。




皆さんは呑みに出た時に、帰りの電車やバスの時間があるため、盛り上がっている時に1人早めに帰ったことはありませんでしょうか?



また電車やバスの時間が終わって、もう帰る手段が無くなってしまったのでタクシーを使って帰って3〜4千円 もしくはそれ以上の出費をしてしまったことはありませんでしょうか?
帰れなくなって ホテルに泊まると高いので ネットカフェで始発まで仮眠しようとしてかえって疲労が溜まってしまったことはありませんでしょうか?

そういう人達のために、呑んだ後は格安ホステルに泊まる、という選択肢があります。
昨年末と つい最近ですが、北九州市小倉北区にある 食堂兼宿泊施設 Tanga Tableに泊まる機会があったので紹介したいと思います。



リノベーション物件であることを含め、いろいろな設立コンセプトがある当施設ですが、そのあたりは公式ホームページに詳しく書かれているのでここでは割愛、ここでは格安のホステルとしての一面を採り上げていきます。



立地



JR小倉駅から徒歩15分の馬借(ばしゃく)というところにあります。
いわゆる繁華街の中にあり、有名な旦過市場がすぐ近くです

住所:〒802-0077 福岡県北九州市小倉北区馬借1丁目5番25号


旦過市場のすぐ横のホラヤビル

Untitled

このビルの4階にTanga Tableはあります。 1階にLAWSONがあるのが非常に便利です。



入口

Untitled



派手な扉のエレベーターがTanga Tablehへの入口です。4Fまであがります。

エレベーターを降りると もうそこはフロントです。

Untitled



居室空間



自分は国籍・男女問わずいろいろな人と一緒になる可能性のある(そのかわり料金がリーズナブルミックスドミトリーを利用しました。



居室

Untitled

いわゆる2段ベッドのドミトリーです。

カプセルホテル的というか阪◯フェリーの2等指定Bという感じですが、上下のベッドへの入口が同じサイドにはないので、プライベート空間はある程度確保されています。


ベッド

Untitled

シモンズのベッドなので寝心地はよかったです。
なおベッドメイキングは自分で行う必要があります。



収納スペース

Untitled



各ベッドには専用のベニア製ロッカーが用意されています。 ベッドから離れてしまう時には鍵をかけておけば盗難を防ぐことができます。

写真にもチラッと写っていますが、各ベッドにはコンセントが備わっていて、スマホやパソコンなどの使用・充電も行えますし、簡易スタンドもあるので 消灯になってもベッドまわりの明るさは確保されます。



また

Untitled

ベッドの足元には靴や鞄を置けるスペースもあり、大荷物でなければ充分な収納スペースといえます。



共有スペース



共有スペースは全て男女別スペースになっているので、女性も男性も(?)安心です。

Untitled(男女の共有スペースへの入口自体が別々に別れている)



バスルーム

Untitled



Untitled

バスルームは全部で5つあるようで、リンスインシャンプーとボディーソープはあります。(タオルは持ち込みか別料金でフロントからレンタル



トイレ


Untitled



全部で8個あり 男女別スペースです。


温暖便座はついていますが、洗浄便座ではないのが個人的には残念。
TOTOのお膝元である小倉のホステルであればこそ付けて欲しかったです。



洗面スペース


Untitled



小学校や中学校の手洗場を彷彿とさせますが、キレイですし必要充分だと思います。



ダイニング



広々としてお洒落な空間です。



Untitled



Untitled



立地が繁華街の中心部であり、同ビル1Fにはローソンもあり、旦過市場がすぐそばということもあって、近くで何か買ってきて食べるもよし、食べに行くもよし です


ダイニングで朝食を提供してくれているので(たしか2メニューで各500円?)そのうちのひとつ、アボガドサンドを食べてみましたが、なかなかおいしかったです。



Untitled

そしてなにより、歴史ある(?)旦過市場の裏側を眺めながら食事できるダイニングってなかなかないと思います(^^;



料金



ホームページによると、一番安い料金であるだろうミックスドミトリーの料金は3,000円~となっています。

が、宿泊予約サイトなどでは3,000円を下回る価格で表示されており、実際は2,800円とかで泊まれちゃいます。

ここまで格安ホステルという面で話をしてきましたが 実際に安くて ホステル=狭くてあまりキレイではない というステレオイメージに反してゆったりとしていてキレイで なにより旦過市場のすぐそばという立地の良さは、市外から来る人はもちろん 市内の人も諸々の事情があるときに気軽に利用できる いい宿だと思いました。



follow us in feedly

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。