So-net無料ブログ作成

小倉の新しいホステル「tanga table」に泊まってみた [旅]


サスケです。




皆さんは呑みに出た時に、帰りの電車やバスの時間があるため、盛り上がっている時に1人早めに帰ったことはありませんでしょうか?



また電車やバスの時間が終わって、もう帰る手段が無くなってしまったのでタクシーを使って帰って3〜4千円 もしくはそれ以上の出費をしてしまったことはありませんでしょうか?
帰れなくなって ホテルに泊まると高いので ネットカフェで始発まで仮眠しようとしてかえって疲労が溜まってしまったことはありませんでしょうか?

そういう人達のために、呑んだ後は格安ホステルに泊まる、という選択肢があります。
昨年末と つい最近ですが、北九州市小倉北区にある 食堂兼宿泊施設 Tanga Tableに泊まる機会があったので紹介したいと思います。



リノベーション物件であることを含め、いろいろな設立コンセプトがある当施設ですが、そのあたりは公式ホームページに詳しく書かれているのでここでは割愛、ここでは格安のホステルとしての一面を採り上げていきます。



立地



JR小倉駅から徒歩15分の馬借(ばしゃく)というところにあります。
いわゆる繁華街の中にあり、有名な旦過市場がすぐ近くです

住所:〒802-0077 福岡県北九州市小倉北区馬借1丁目5番25号


旦過市場のすぐ横のホラヤビル

Untitled

このビルの4階にTanga Tableはあります。 1階にLAWSONがあるのが非常に便利です。



入口

Untitled



派手な扉のエレベーターがTanga Tablehへの入口です。4Fまであがります。

エレベーターを降りると もうそこはフロントです。

Untitled



居室空間



自分は国籍・男女問わずいろいろな人と一緒になる可能性のある(そのかわり料金がリーズナブル)ミックスドミトリーを利用しました。



居室

Untitled

いわゆる2段ベッドのドミトリーです。

カプセルホテル的というか阪◯フェリーの2等指定Bという感じですが、上下のベッドへの入口が同じサイドにはないので、プライベート空間はある程度確保されています。


ベッド

Untitled

シモンズのベッドなので寝心地はよかったです。
なおベッドメイキングは自分で行う必要があります。



収納スペース

Untitled



各ベッドには専用のベニア製ロッカーが用意されています。 ベッドから離れてしまう時には鍵をかけておけば盗難を防ぐことができます。

写真にもチラッと写っていますが、各ベッドにはコンセントが備わっていて、スマホやパソコンなどの使用・充電も行えますし、簡易スタンドもあるので 消灯になってもベッドまわりの明るさは確保されます。



また

Untitled

ベッドの足元には靴や鞄を置けるスペースもあり、大荷物でなければ充分な収納スペースといえます。



共有スペース



共有スペースは全て男女別スペースになっているので、女性も男性も(?)安心です。

Untitled(男女の共有スペースへの入口自体が別々に別れている)



バスルーム

Untitled



Untitled

バスルームは全部で5つあるようで、リンスインシャンプーとボディーソープはあります。(タオルは持ち込みか別料金でフロントからレンタル)



トイレ


Untitled



全部で8個あり 男女別スペースです。


温暖便座はついていますが、洗浄便座ではないのが個人的には残念。
TOTOのお膝元である小倉のホステルであればこそ付けて欲しかったです。



洗面スペース


Untitled



小学校や中学校の手洗場を彷彿とさせますが、キレイですし必要充分だと思います。



ダイニング



広々としてお洒落な空間です。



Untitled



Untitled



立地が繁華街の中心部であり、同ビル1Fにはローソンもあり、旦過市場がすぐそばということもあって、近くで何か買ってきて食べるもよし、食べに行くもよし です


ダイニングで朝食を提供してくれているので(たしか2メニューで各500円?)そのうちのひとつ、アボガドサンドを食べてみましたが、なかなかおいしかったです。



Untitled

そしてなにより、歴史ある(?)旦過市場の裏側を眺めながら食事できるダイニングってなかなかないと思います(^^;



料金



ホームページによると、一番安い料金であるだろうミックスドミトリーの料金は3,000円~となっています。

が、宿泊予約サイトなどでは3,000円を下回る価格で表示されており、実際は2,800円とかで泊まれちゃいます。

ここまで格安ホステルという面で話をしてきましたが 実際に安くて ホステル=狭くてあまりキレイではない というステレオイメージに反してゆったりとしていてキレイで なにより旦過市場のすぐそばという立地の良さは、市外から来る人はもちろん 市内の人も諸々の事情があるときに気軽に利用できる いい宿だと思いました。



今年も佐賀インターナショナルバルーンフェスタに行ってきた [旅]

サスケです。


毎年11月3日前後に佐賀県は嘉瀬川の河川敷で佐賀インターナショナルバルーンフェスタというイベントが行われます。


自分はほぼ毎年行っているにもかかわらず、ここ3年はバルーンを観ていません(汗)

3年前はわざわざ有給までとって観に行くつもりが、前日にアクシデントに巻き込まれ参加不能に。

2年前は雨が降って、現地まで行ったもののバルーンは上がらず。

昨年は公共機関で行ったものの、公共機関が遅延してバルーン競技終了後にタッチの差で現地到着(T_T)


今年は10月31日~11月4日までの開催でしたが、

10月31日~11月2日までは仕事なので当然行けず。

11月3日は終日雨だったためバルーンが飛ぶはずもなく行かず。

そして今日11月4日は朝から晴れ!

バルーンは飛ぶはず!

朝7時過ぎに 現地に到着目前にして


IMG_0467

 

ちゅ、中止??

晴れているのに中止?

また見れないのかorz…

といきなり凹みましたが、佐賀まで来たので折角だから会場までは行ってみようと会場へ。

 

DSCF6258

会場入口では3キャリアが頑張っていました。
DSCF6257

 

会場の河川敷へ降り立つと、朝早いというのに人、人、人。

DSCF6286


現地ではやっぱりバルーンは飛んでなく


DSCF6264

バーナー体験 などをやっていましたが、

遠くのほうに


DSCF6265

あーーー!

バルーンが!


結局 競技は悪天候(強風)のため中止でしたが、

バルーンのパイロットの皆さんが、

「(前日の雨があがって)せっかくかけつけたお客さんにバルーンを見せられないのは申し訳ない」

と独自の判断でバルーンを地上に係留したままでしたが数機ほどあげてくれました。


 



DSCF6272

地上にあるため


DSCF6276

こんな近距離や


DSCF6279

バルーンがしぼむところまで見る事が出来ました。


あと例年 会場まで車で乗り入れて、行きも帰りも大渋滞に巻き込まれるというのが常でしたが、今回初めて会場周辺駐車場に車をとめてシャトルバスで会場に行きました。


IMG_0529.jpg

往復500円の所謂パーク&ライド。これが快適!

バスの乗車時間は10分弱。

ピストンで随時発車しているので待ち時間も無し。 

バスの中がギューギューということもありませんでした。

そしてなにより、自分の車で会場入りする道とは全く別ルート(通行止めにしているルート)を通るので行きも帰りも全く渋滞無しでした。


ストレス無く会場入りするベターな方法も分かったので、

来年こそは空高く舞うバルーンが見たいな…


AUGM鹿児島2013 〜前夜祭に参加〜 [旅]

本日 7月20日 AUGM鹿児島 が開催されます。

前日から鹿児島入りした自分は、AUGM鹿児島前夜祭に参加してきました。


DSCF5800

前夜祭は「桜島納涼観光船」錦江湾クルージングでした。


DSCF5801

7月19日から つまり昨日から納涼観光船運航開始ということで


DSCF5806

地元テレビ局の取材も来ていました。



DSCF5821

乗り込む船は桜島丸


DSCF5804

ここの4階 1番上で洋上ビアガーデンです。


DSCF5810

19時定刻となると桜島丸 出航!

溶岩焼きでのバーベキューを愉しみました。

溶岩焼きとは


DSCF5812

下のプレートが桜島の溶岩を固めたものを使用しているとのことで 一般的に溶岩焼きは遠赤外線効果があるとも言われていますが… 


DSCF5817


DSCF5828

桜島を眺めながらの食事は「何を食べても旨い」という状況でした。



DSCF5840

そのうち花火も上がり、


DSCF5830

皆、写真を撮りまくり(^^;

 

一次会が終わったあとは路面電車で天文館方面へ移動。

DSCF5844


かごっまふるさと屋台村に来ました。


大きな地図で見る 

DSCF5847

その中の一店 「桜煙香(おうえんか)」というお店にお邪魔しました。



DSCF5853

燻製料理が美味しかったです。


このお店の女性店員の方が、とある人が使用していた ダンボーバッテリーを目にしたところ

「カワイイ~(*´ω`*)」

「スマホ バッテリーがすぐ無くなるのでこういうの欲しかったんですよ〜(*´ω`*)」

と予想以上の食い付き。


DSCF5854

男性店員の方もダンボーバッテリーを知っているということで、思わぬ知名度の高さにビックリしました。



さらに鹿児島にしては珍しくアッサリめのラーメン屋「のり一」にて 



大きな地図で見る

 

DSCF5855

玉子かけご飯(玉子にかける だし醤油が絶品!)


DSCF5856

そしてラーメンを食べて


翌日のAUGMの打ち合わせは最初の1分だけであとは単なる食い道楽 翌日のAUGM本会に備えての打ち合わせを兼ねての親睦は深まっていったのでした...


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

東京のガンダム立像に会ってきた [旅]

サスケです。

この週末は1年振りに東京に来ています。

色々なところを歩き廻りましたが、東京到着後 真っ先に向かったのは...

DSCF3166

ダイバーシティー東京

そうです、コイツに会いにきました。  DSCF3172 DSCF3169


RG 1/1 RX-78-2 ガンダム Ver.GFT
いわゆる実物大ガンダム立像です。

ガンダムが18メートルというのは有名な話で、そんなに大きくは無いと思っていましたが、

DSCF3206

今回の実像は自分たちが歩く同じ地面に立っているので、直接的にガンダムの大きさを感じ取る事が出来ます。
正直 思っていたよりデカかったです^^;


膝関節や
DSCF3184


バーニア部分も 
 
DSCF3183

っちりリアルに(?)作りこまれていますね...



定時毎に頭部稼働とミスト噴射、発光ギミックがあるようで DSCF3191


自分が会いに行ったときはちょうどタイミングが! DSCF3198



ファーストガンダム世代としては 是非会ってみたいと思っていたので良かったです。

DSCF3202
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

角島大橋 [旅]

毎年、この時期になると 角島大橋 の景色を見たくなります。
天気が少し薄曇りではありましたが、行ってきました。 

DSCF3069


車のCMでたびたび使用されているスポットです。

DSCF3071

こんなロケーション、そうなかなかありませんもんね^^; 

実際車で橋上を通過する時は、海上を走っているような錯覚を覚えます。 

DSCF3074  


今の時期、角島は海水浴客で賑わいますが元々季節に応じた花々がキレイな島です。
(ハマユウ、ダルマギクなど)
すぐ近くに新しく道の駅も出来たみたいですし、周辺は新鮮な海の幸が豊富。
一年中愉しめる島です。 

DSCF3085
次は秋に行ってみようかな。




follow us in feedly

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。