So-net無料ブログ作成

複数台で無線Macライフ(自宅編) [Mac]

う〜ん ソフトウェアのパッケージが増えてしまった。。。
DSCN0517.JPG



それはさておき、MacBook Air 早速フル稼働しています。
今日は休日でしたが、自宅で仕事で必要な書類を作成しました。
膝に乗せたままエクセル書類を作成したんですけど、
キータッチが軽快で本当によいです。

今日作成した書類は取引先に今週水曜日までには提出しないといけないんですけど、
先週火曜日から金曜日までは出張で会社には出社できていません。
その書類を作成しなくてはいけなくなったのは先週水曜日で、作成のために必要な資料が届いたのが先週の木曜日。
そして、僕はまた明日から木曜日まで出張です(¨;)
いったいいつ書類作成すればいいんだ〜 っていう状態です。
そのくせ会社は休日出勤をできるだけ禁じます。 
出勤しないと物理的に仕事が追いつかないのだから仕事の負担を軽くしてくれればよいのに、明らかな一極集中です。

会社批判はこのくらいにして、要は出張先か自宅かでMacを触らないともう追いつかなくなっています。
というわけで、今日はAirで仕事をしながら音楽を聴いていました。
AirにはリモートディスクでATOKのみインストールしましたが、母艦であるアルミMacBookよりiTunesの曲データや動画データを移設する気は今のところありません。
Airで仕事をしながら、隣の部屋に有線接続しているアルミMacBookのiTunesを iPhoneのアプリ「Remote」でコントロールして
Airtunesにて音楽を楽しみました(^_^)
やはり音楽は専用スピーカーで聴くのが良いです。
スピーカーは以前のエントリでも紹介したこのスピーカーです。
DSCN0501.JPG

考えてみたら、僕のMacライフは無線というものにこだわってきたような気がします。
その理由はやはり僕が出張サラリーマンということに起因します。
出張のたびに外に持ち出して、帰宅してまたケーブルに繋ぐという作業が嫌で、割合早い時期からAirMac Expressを導入して無線LAN生活と無線音楽生活を行っています。
いい音で音楽を楽しみたいので、Mac本体に直接スピーカーを繋げるのが通常なんでしょうけど、出張に行くたびにスピーカーケーブル類を繋いだり外したりするのは結構煩わしいですからね。
Airtunesは僕にとっては福音といってもいいぐらいの役立ち機能です。

Macは複数台を所有しても元々のMac OSの共有機能で、母艦側の写真や音楽や動画を無線で楽しむことができます。 
Air側は全くの空っぽの状態なのになんか不思議な気分がします(^_^;
動画を大画面で楽しみたいと思ったら、母艦のMacBookに同期してあるApple TVで好きなプログラムを満喫します。
DSCN0519.JPG

DSCN0518.JPG

これもApple TV本体がテレビと繋がっているだけで、操作は無線です。
無線生活、本当にすばらしいです!
勿論それを支えているAppleのソフトウェア群が本当にスマートだと思います。

Airを所有したことにより、出張でガシガシ持ち出せるMacが出来て、本当にうれしいです[手(チョキ)]
モバイルでのAirの使い勝手につきましては、またボチボチと検証していきたいと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

follow us in feedly

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。