So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

新しいカメラには新しいバッグを... [カメラ]

新しいカメラを購入すると、新しいアクセサリーが欲しくなるもの。
ということで今日はカメラバッグのお話です。

     ・
     ・
     ・

FinePix X100を購入して、普段持ち歩いているバッグに容易に潜ませることの出来る小ささと軽さ(デジイチ対比)に感激しながらも、「これを入れる新しい器(バッグ)が欲しいな」と考えるようになりました。

X100を所謂「専用カメラバッグ」に入れて持ち運ぶのは大仰なので、今回は普段使いのバッグの中から選ぶことに。

バッグ探しの条件は

1.普段持ち歩いている最小限のガジェット類を入れれる容量。

2.iPadやMacBook Airは普段ほとんど持ち歩いてはいないけどiPadは(カメラや最小限のガジェット類と同時に)入れて運べる大きさ(Airは入らなくてよい)

3.カメラバッグには見えない、シンプルかつおシャレなデザインで 革製とかでなく基本的にノーメンテで持ち出せて、ある程度の防水性があるもの

ということを条件にいろいろ探した結果がコレです。

DSCF1187.jpg
Brady の STOURというモデルのバッグ

Bradyは1877年創業のイギリスの鞄ブランド。
現在でも殆ど全ての工程を20名程の職人達による手作業で行っているとのこと。
バッグ本体の生地には 内側に防水素材をラミネートした3層構造に織ったイタリア製のコットンキャンバスが使われ、水分や汚れの浸透を防ぐために表面にテフロン加工もされてあります。
メーカーで直販もしているみたいなので(つたない英語力を駆使して)直取引しようと思って自国選択画面で日本を探してみると… なんとJapanが無い! 北朝鮮はあるのに^^;
(どうやら日本は決められた代理店を通じて販売、購入、ということになっているそうです)
ということで販売している店舗を探して購入してきました。


DSCF1188.jpg
フラップ部などの革パーツにはブライドルレザーを使用
現在はフラップの着脱がちょっと固めですが、そのうち革がこなれてくることでしょう^^;


DSCF1192.jpg
金具は総真鍮製


DSCF1190.jpg
マチが約7.5cmとシッカリしているので、ある程度の重量も大丈夫です
(そんなに沢山は入りませんが…)


DSCF1189.jpg
フラップを開けるとポケットが2つ付いており、分別収納ができます。
バッグ本体内部には特に仕切り等はありませんが、逆に収納の自由度が高いとも考えられます。

実はいろいろバッグ購入のため検索していると、Flickrで偶然この2枚の写真を発見。

その一枚目 外観写真
Brady Stour - Navy Chocolate

二枚目 カメラを収納したときのバッグ内部の様子 Brady Stour, inside.
この2枚の写真でデザインのシンプルさに一目惚れして購入を決めました。


実際に購入したのは写真のNavy色ではなくkhaki色でしたが、

DSCF1198.jpg
このようにMacBook Air 13インチは入らなくても
(11インチは入るようです)


DSCF1197.jpg
iPadは余裕で収納可能。

DSCF1200.jpg
いつも持ち歩いているイヤフォン、モバイルバッテリー、モバイルルータ等も前面の2つのポケットに収納でき

IMG_1033.jpg
X100とiPadも同時収容可能で、これで↑に書いた3つの条件を全て満たしています。

MacBook Airを持ち運ぶ時の大きなバッグはいくつも既に持っているので そうではないときの
普段使いのバッグとして、X100を常に携行しながら持ち歩いていこうと思うバッグです(^^)





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

follow us in feedly

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。